2009年 10月 16日

09年10月12日 富士スバルラインへ

ウェザーニュースの紅葉chを見たところ、富士スバルラインが「見頃」となっていたので、5合目PAまで行ってきました。

富士スバルラインを、バイクで登るのは初めてですが、
富士スカイラインに比べてタイトなコーナーや急坂等が少なく走りやすいですね。

紅葉はそれなりだったのですが、
富士からの景観は素晴らしいものでした。

d0085428_12221956.jpg

d0085428_12222815.jpg




10時~18時
走行距離:約237.1km

[天候・気温等]
晴れ時々曇り
富士5合目は、最初曇り(雲の中)でしたが、次第に晴れた。

気温は、富士吉田付近の電光掲示版では15℃。
5合目の気温は10度前後。

3シーズンジャケット防寒・防風インナーで十分だったのですが、
3シーズングローブ+防寒インナーグローブでは、手がかなり冷たくなってしまいました。

[行程・道路状況等]
●往路
R16→中央自動車 八王子ICから河口湖ICへ
 ・渋滞なし(事前に確認してから出発しました)

●帰路
下道(R413)→R412→R413→R16
 ・R413の津久井湖近辺とR16はいつも通りの混雑でした。

[雑記(ツーリングメモ)]
お盆休みに富士スバルライン5合目に行ったときは、天候不良で景色が全く見えなかったので、リベンジも兼ねて富士スバルラインへ向かう。

河口湖ICから富士スバルラインまでは、すこし道を間違えた程度。
富士スバルライン近くで、曲が鳴る道路を通ったが、予想通りバイクでは何も分からなかった(以前自動車で通った時はきちんと曲が聞こえた)。

富士スバルライン往復1600円(普通二輪)と料金が高めだが、急坂等も少なく走りやすい。
富士スカイラインの登りだと、エンジンが唸るだけで全然スピードが上がるらないのだが、そのようなことはなかった。
ただ、登りで大型トラックの後ろについてしまい、追い越し禁止区間の間、黒煙を浴びることになった。

5合目は、最初雲の中だったが、次第に晴れていった。
雲海と、本栖湖?が同時に見える絶景にしばし見とれる。

出店のイカ焼きがむしょうに食べたくなったのだが、600円は高すぎるような気がしたので我慢。
お土産も特に買わず、景色をあきるまで堪能した後に下山した。

帰りは、中央道がいつも通り渋滞していたため、道志道(R413)へ。
道の駅どうしでは、ダンロップが二輪向けのタイヤ無料チェックイベントをやっていたが、参加はしなかったので詳細は不明。
道の駅どうしで、遅めの昼食(クレソンうどんとソーセージパイ)を取り、お土産にクレソンうどんを購入。

R412を南下して帰宅しようかと考えていたのだが、
何気なくいつもとは違う道を進むことにした。
津久井湖に出たため、R412~橋本五差路付近に抜けて帰宅。

いつものことだが、津久井湖から自宅まで1時間近くかかってしまった。やはり、津久井湖~橋本あたりは避けた方が快適である。

以上。
d0085428_0501493.jpg

[PR]

by ikadayak | 2009-10-16 12:23 | ツーリング


<< 09年10月18日 大菩薩峠の紅葉      九州ツーリング記録09月26日 >>