2010年 01月 11日

2010年01月11日 房総半島 かなやで食事

天気がいまいちでしたが、今日は房総半島に行き、「漁師料理 かなや」で大穴子天丼を食べてきました。
人気店のためほぼ満席でしたが、店員さんたちの手際がよく、意外とすぐ食事にありつけました。

その後、「道の駅とみうら」まで行ってから折り返しました。

230kmほどのツーリングだったのですが、かなり疲れました。
寒かったせいもありますが、まだグラディウスに慣れておらず余分な力がいろいろ入っているようです。
それでも、走るのは楽しいですね。


 かなやの駐車場
d0085428_21592582.jpg




[走行距離・時間]
232.7km
11時40分~17時


[天気・気温]
曇り、まれに小雨
気温8℃以下(天気予報)

冬用ジャケット+フリース+べすウォーマーであったが、帰り着いた時にはかなり体温を奪われた感覚であった。
手は春秋用のグーローブTであったが、インナーグローブとグリップヒーターを使えば、凍えるほどではなかった。


[大まかな行程・道路状況等]
●往復
R16<->首都高<->アクアライン<->富津館山道路<->R127

帰りの富津館山道路が一部渋滞していた以外は問題なし。


[雑記(ツーリングメモ)]
グラディウスでの初の本格的ツーリングとなる。
いつも通りのルートで、房総半島へ向かう。
渋滞もなく快適に走れたが、風が冷たい。

グラディウスは6000回転程度なのに問題なく流れに乗れている。
橋の接合部を通過する時も、ST250だとかなりの振動があり緊張する場面であったが、通過したことがわからないくらい静かであった。

富津館山道路に入ったところぐらいから、手の寒さが耐え難くなって来た。
※この時は、グローブT+グリップヒータースタンダードモードであった。

君津PAに休憩に入るころには、感覚が無くなりかけていたので、ほっとココアと、トイレの洗面所の温水で暖めた。
出発時には、インナーグローブを着け、グリップヒーターをスタートモードに変更した。
そうしたら、今度は暑いぐらいである。

グリップヒーターのスイッチは、右側のラジエターシェラウドに付けていため、走行中はいじれない。
火傷するような温度ではないし、寒いよりはよいのでそのまますすんだ。

ICを降り、グリップヒーターのスイッチを戻してから、漁師料理かなやへ向かう。
かなやの駐車場は、9割がた埋まっていた。
これはかなり待たされそうだと思いながら入店したが、すこし待つだけで相席ではあるが席に着くことができた。

食べたかった貝5種類丼をメニューで探すが見当たらない。
捜し回るのも面倒なので、次の候補である大穴子天丼と一品料理の五目かき揚げもを追加した。

量は十分あり、味も自分の好みで合った。
かき揚げもおいしかったが、口に運んだ時に割れてしまい、一部を床に落としてしまった。もったいないことをした。

かなやでお土産も購入し、道の駅とみうらへ。
道中、対向車線はかなり渋滞していた。

道の駅とみうらでは、前回は見なかった駅舎の裏に回ってみた。そこはちょっとした花壇になっており、なかなかきれいであった。
枇杷ジュースを飲んだ後、出発。

先程の渋滞もあり、高速へ入ることにした。
富津・館山線で一部渋滞していたが、のろのろ運転区間もたいしたことは無く、問題なく帰宅することができた。


●その他の写真
 道の駅とみうら
d0085428_1282314.jpg

[PR]

by ikadayak | 2010-01-11 21:57 | ツーリング


<< ニーグリップパッド装着      2010年1月10日 小田原 ... >>