なんとなく備忘録

kynotes.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 25日

過去のツーリング記録 07年06月25日 北海道ツーリング

<06月25日の記録>
摩周湖~知床へ
曇り、ときどき小雨

・朝食を前日コンビニで買っておいたパンなどで済ませ出発。残念ながら天気は悪い。
・弟子屈町営牧場の900草原展望台に到着し、展望台から眺めて見たがやはりあまり遠くは見えない。晴れていればかなりとおくまで見えるらしいので残念である。
・裏摩周湖展望台へ向かったが、近づくにつれ、だんだんと霧が濃くなっていく。展望台からも当然摩周湖は見れなかった。二日かけたが摩周湖を見ることができず残念である。
・神の子池へのダートは、穴がいくつも空いているような酷い道のうえ、雨で濡れていた。最悪の状態であったが、神の子池はぜひ見たいスポットであったため、意を決して進んだ。幸い行き帰りともに転倒はなしであった。
神の子池は青い水が非常に印象的であった。あんな澄んだ水を見たのは久し振りのような気がする。なにもない池なのに何時間でも眺めていられそうであった。
・知床へ向かう途中、原生花園によったがあまり目立った花はなかった。原生なのだから当然なのだろうが、花畑的なものを想像していただけに少々拍子抜けである。駐車場付近を少し見た後出発した。
・オシンコシンの滝は一大観光地だけあって観光バスが多数とまっていた。観光客のおじさん、おばさんからも話しかけられたりした。ちょっとした交流だがよい思い出である。
オシンコシンの滝は前日の雨のため増水していたらしく大迫力であった。
・滝を離れ、次は岩へ上ろうかと思ったのだが、駐車場がみつからない。観光船屋やフェリー乗り場の駐車場ばかりである。あきらめて知床自然公園方面へむかった。この頃、やっと晴れ始めてきた。
・知床自然公園の駐車場に停車し、フラベの滝を見に行く。滝の近くには鹿が何頭もいた。北海道で鳥以外では初めて見た野生動物だった。
・公園を出て知床五湖に向か途中でヒグマを目撃した。YH直前の坂の途中で観光バスが不自然に停っており、何事かと思ったのだが、道路脇にいたヒグマを見ていたようである。
比較的小さな熊だったが、オートバイでは停って観察するのも危険だろうと判断し、素通りした。
ちなみに、YHに一緒に泊まった方の1人も、別の場所で道路を横断するヒグマを目撃したそうだ。かなり頻繁に出没しているらしい。
・知床五湖は、遊歩道にヒグマが出没したため、展望台のみ開放中であった。せっかくなので展望台には登ったが五湖はほとんど見えず残念である。
6月下旬はヒグマが活発に活動がするらしく、例年閉鎖が多いとのことであった。
・YHには5時頃到着。珍しく夕食(ほっけ定食)を頼んであったので、まず風呂に入って汗を流した。
・ライダーが他にお二人おり、食事とミーティングのときに様々な話をした。お一人は警官で1週間休みをとったそうだ。もう一人の方は仕事をやめて日本一周中らしい。
一人部屋の方が気楽ではあるが、このような交流がある相部屋のYHも良いものである。

 弟子屈町営牧場
d0085428_20515376.jpg

 摩周湖
d0085428_20515766.jpg

 神の子池
d0085428_2052150.jpg

 オシンコシンの滝
d0085428_2052518.jpg

 フレベの滝
d0085428_2052108.jpg

 知床五湖展望台
d0085428_20521464.jpg


※本記事は、投稿日時をツーリング日程に合わせて変更しています(2010年2月投稿)。
[PR]

by ikadayak | 2007-06-25 00:00 | ツーリング


<< 過去のツーリング記録 07年0...      過去のツーリング記録 07年0... >>