2010年 03月 25日

2010年03月22日 山中湖へ

最近は海沿いばかり行っていましたので、
22日は久しぶりに道志道経由で山中湖へ行ってみました。

グラディウス400では、はじめて道志道を通りましたが、
ST250ではアクセルを開けなければならなかった坂でも、すいすいと登ることができますね。

道の駅どうしは改装中のようでしたが、施設は普通に利用できました。
この道の駅にくると、必ずソーセージパイを食べてしまいます。
さくさくしたパイ生地と、プリッとしたソーセージの食感があわさり、たまりません。

山中湖は自宅近辺に比べれば寒かったですが、
雪もなく、凍結もしておらずまったく問題ありませんでした。

天気もよく、富士山もきれいに見えました。
富士山と湖の組み合わせは、何度見ても飽きません。

 道の駅どうし
d0085428_071873.jpg

 山中湖と富士山
d0085428_07986.jpg




[走行距離]
約157.6km(総走行距離 約2006km)
11時50分~18時

[天気・気温]
晴れ
山中湖周辺は10℃前後(天気予報)

[大まかな行程・道路状況等]
●往復
県道<->R413->山中湖一周

帰りの県510など、混みやすい場所が渋滞した程度。
車は多かったが、概ね快適に走れた。


[雑記]
暖かかったので、久しぶりに道志経由で山中湖へ行ってみることにした。

県62から県510に出る急坂の交差点で停車時にバランスを崩してた。
立ちごけはしなかったが、足がしばらく痛かった。
だが、あそこでこけていたら、引き起こしはほぼ不可能である。
最近、グラディウスにも慣れ油断していたのかもしれない。気を引き締めねば。

R413は順調に流れていたが、車が多く前がつかえていた。
しかし、久しぶりの道で、新しいバイクであったのでゆっくり走れたのはちょうどよかっただろう。

道志の峠道を走ると、ST250との違いが実感できる。
カーブでもグリップがよく、上り坂で減速することもない。

さらにひとつ気が付いたことがあった。セルフステアしているのをしっかりと感じるのだ。
ハンドルがかなり強い力で動いていく。ST250では感じなかったことだ。

道の駅どうしは混雑。バイクも駐車スペースいっぱいに数十台停まっていた
駅舎は改装中のようで、外側にネットが張ってあった。
また、自動販売機も時計と水場の間に移動されていた。

中は今までどおり特に変わりなし。
久しぶりにソーセージパイを食べたがやはりおいしい。
2本も注文してしまった。

食事から戻るとバイクの台数がが3分の1くらいに減っていた。
マスツーグループが移動したのであろうか。

出発の準備をしていると、バイク駐車場の大きさを示すポーンが
移動されてしまい、自分の留めていた位置が四輪用駐車場になってしまった。

出発準備をしていたのでずらしたのだろうが、準備に時間がかかる性格なので、
もう少々まっていただきたかったところである。

道の駅を出てからも、山中湖までの道は順調。
天気も良いため、道志道終点から富士山が良く見える。

ここからの富士山眺めが意外と好きである。
建物や山の合間から見えるだけなのだが、初めてこの道を通った時のことを思い出す。
あの時見た富士山があったからこそ、本格的にツーリングに行くようになったのだ。

山中湖の北側にある公共駐車場と、南側にある駐車場でそれぞれ写真を撮る。
南側の駐車場は、トイレもあり便利だ。また、意外なほどトイレがきれいであった。

その後は、道志道経由の来た道を戻る。
特に途中休憩等はせず、どの道を通ろうか迷った程度で、問題なく帰宅できた。


●その他の写真
 ソーセージパイ
d0085428_23222996.jpg


●経路(GPS履歴)
d0085428_074621.jpg

[PR]

by ikadayak | 2010-03-25 00:09 | ツーリング


<< hit-airジャケットを新型へ交換      ツーリング動画を試しに作成して... >>