2010年 04月 10日

2010年04月10日 箱根~富士山周辺

今日は、ターンパイクを通って芦ノ湖・箱根スカイラインへ行き、
その後、富士スカイライン経由で白石の滝と田貫湖まで行ってきました。

少し標高が高いためか、ターンパイクや田貫湖ではちょうど桜が満開できれいでした。

芦ノ湖・箱根スカイラインを通ったのは4年ぶりです。
以前は通り抜けるのに時間がかかったような印象があったのですが、今回はあっという間でした。
バイクも変わりましたし、自分もいろいろ慣れてきたのかもしれません。

また、数年前から寄ってみたいと思っていた
静岡県道401号沿いの茶屋「しるこや」に行くことができました。
※過去に何度か探してみたのですが、なぜか発見できず自分の中では幻の場所になっていたのです。

念願のおしるこは、甘すぎず美味しかったです。


余談:
帰宅して写真を見返してみたのですが、逆光で飛んでしまったものが多数有りました。
少しカメラの使い方を勉強しないと、せっかくの景色が勿体ないですね。

 ターンパイクの桜
d0085428_22425729.jpg

 芦ノ湖スカイライン
d0085428_22431263.jpg




[走行距離]
約288.1km(総走行距離 約2453km)
11時~20時45分

[天気・気温]
晴れのち曇り
御殿場18℃、富士スカイライン13℃(いずれも電光掲示板)

[大まかな行程・道路状況等]
●往復
東名高速->小田原厚木道路->ターンパイク->芦ノ湖スカイライン->箱根スカイライン->県401->富士スカイライン->東名高速


[雑記]
今回は4年前の箱根・富士ツーリング以来、一度も行っていない場所をまわった一日であった。

東名に乗るまでと、厚木ICまでは多少混んでいたが、大きな渋滞に巻き込まれることは無かった。
小田厚では、交通安全週間のためか覆面パトカーにつかまっている車を数台見かけた。
いつも通り、周りの流れに合わせる程度なら問題ないだろうが、すこし気をつけた方がよさそうだ。

1年以上ぶりのターンパイクを走ったが、桜が非常にきれいだった。
ところどころで駐車し、写真を撮った。
同じように写真を撮っている人たちが多数いるため、歩行者の飛び出し等に注意しながら走った。

大観山PAは混んでいたので素通りし、芦ノ湖スカイラインへ向かう。
特に渋滞等もなくスカイラインに到着した。
4年ぶりのため、道をまったく覚えていなかったので、新鮮な気持ちで走り始めた。

ターンパイクと違い桜が咲いているわけでもなく、道自体に観光要素は無いが、標高が高いため眺めがよい。
残念ながら富士山は雲に隠れていたが、それでも広い範囲で見渡せた。
芦ノ湖スカイラインでも、展望のよい場所で写真を撮った。

そのまま箱根スカイラインへ移動するがあっけなく走り切ってしまった。
4年前の印象では、かなり長く感じたのだが、何だが走りやすくなったような気がする。
グラディウスはST250に比べ、バンクしたときの安心感が段違いであるためであろうか

峠道を走るのはあまり好きではなかったのだが、最近少しずつ楽しく感じるようになってきた

また、混んでいるような印象があったのだが、予想外に空いていた。
時間帯によるのかもしれないが、いつもこれほど空いているのであれば自分のペースで楽しく走れそうだ。

県道401もほとんど混んでいなかった。
道沿いの木はまだ葉がほとんどないが、つぼみが付いていた。
桜であれば、来週くらいきれいに咲きそうである。

今回の思い出深いイベントの一つは、
この県道401沿いの茶屋「しるこや」の発見である。

今まで何回か探したが見つからず(県道401号沿いであることを知ってから来ていなかったこともあるが)、
個人的にいつか行きたい場所の上位になっていた店についに入ることができた。

店内は、広くはないが清潔で、落ち着いた雰囲気であった。
メニューは、「おしるこ(白玉or餅)」の他にトコロテン、アイスなどがある。
今日はかなり暑いのだが、せっかくなのでおしるこ(白玉)を注文した。

お客さんは、ライダーの方1人と親子連れ1組だけであった。

お汁粉を待っているときライダーの方から話しかけられた。
ちょうどこれから箱根スカイライン・ターンパイクへ向かうそうなので、情報交換等をした。

おしるこは甘さ控えめでおいしい。好みの味である。
おしるこを食べ終わるころに、富士山が雲の合間から見え始めた。
気が付かなかったのだが、窓の外をみるとかなり良い景色である。また来たいと思える店であった。

県401を抜けてから、御殿場市街を抜けていつものルートで富士スカイラインへ向かう。
途中、県23沿いの桜の写真を撮ったりもした。

バイクを停めて撮りたかったのだが、路肩の傾斜がきつく倒してしまいそうであったので、
停められる場所を探して時間を食ってしまったが、4年前にも見た桜を堪能でき満足である。

富士スカイラインは特に問題なく、いつもの公園で小休憩して通り過ぎた。

この後どこへ行こうか迷ったのだが、
これも、4年ぶりである白糸の滝と田貫湖へ寄ることにした。

白糸の滝は、記憶に残っているより迫力があり満足した。
お土産に、山クラゲを購入。
基本的に、駐車場代100円のみしかかからないので、紅葉の時期などにまた見に来たい。

田貫湖は、桜がきれいに咲いていた。
富士山が見えれば最高なのだろうが、それでも湖と桜の組み合わせは十分な景色だ。

そういえば、田貫湖の湖面を見たのは初めてである。
4年前は、湖面を見ないで引き返してしまったのだ。

携帯電話で高速の渋滞情報を調べたところ、東名も対して混んでいないようだったので、
西富士道路経由で東名に乗った。

乗る直前あたりから事故渋滞表示が出ており、いつも通り厚木IC手前10kmくらいから渋滞になった。
すり抜けはほとんどせず、渋滞に身を任せて厚木ICまでたどり着いたのだが、精神的にかなり疲れてしまった。

そこで、圏央道に入り海老名ICで降りてみることにした。
これは正解であった。
海老名IC方面はだれも走っておらず、あっという間に追加してしまいICへ到着した。
海老名ICの位置を初めて知ったのだが、あまり混雑しない相模川沿いの道に接続されていた。
その後は順調に帰宅できた。

下道なので渋滞を我慢して横浜町田ICまで行ったのと同じくらいの時間はかかるが、
渋滞に巻き込まれているのと自由に走れるのとではやはり精神的な負担が違う。

今後、東名高速の厚木-町田間が渋滞していたら海老名ICを積極的に使っていきたい。


●その他の写真
 しるこや
d0085428_2252244.jpg

 県道23の桜と富士山
d0085428_22523041.jpg

 田貫湖の桜
d0085428_22555191.jpg

[PR]

by ikadayak | 2010-04-10 22:43 | ツーリング


<< リンク設定      夜桜とホルモン >>