2010年 10月 24日

2010年10月23日~24日 ビーナスライン・志賀高原ツーリング

冬季閉鎖になる前に、ビーナスラインと志賀高原を走りたいと思い、長野県~群馬県の高原へ出かけてきました。
もちろん、紅葉も目的のひとつです。

結論から申しますと、どれも素晴らしく満足できました。

23日は快晴で、ビーナスラインの高台からは紅葉の山々を遠くまで見渡すことができました。
ビーナスラインの後に向かった奥志賀林道でも紅葉が見頃でした。

24日は曇り空でしたが、志賀高原では雄大な景色を見つつ走ることができました。
紅葉もきれいで、湯の丸高原や高峰高原は黄色に染まっていました。

今回はゆっくりすごしたかったため、志賀高原の蓮池で一泊しました。
おかげで、24日は十分観光したにもかかわらず、渋滞になる前に帰ってこれました。


 ビーナスライン 蓼科近辺
d0085428_10395857.jpg


 ビーナスライン 美ヶ原
d0085428_21392783.jpg


 奥志賀林道
d0085428_10405156.jpg


 志賀高原 横手山
d0085428_21344730.jpg


 志賀高原 渋峠付近
d0085428_21352571.jpg


 湯ノ丸高原
d0085428_21361229.jpg


 高峰高原(チェリーパークライン)
d0085428_2137083.jpg



[滞在した宿のバイク駐車状況]
状況により駐車場が変更になる可能性はありますので、詳細は各ホテルにお尋ねください。

蓮池ホテル
:駐車無料。玄関前軒下のバイク駐車場に駐車。
 ※建物や設備は古いですが、悪天候による直前キャンセル(要相談)が可能であったりと、ライダー向けのサービスに力を入れているようです。




[走行距離等]
約762.6km(総走行距離 約9473km)
23日6時15分~24日16時半


[天気・気温]
23日晴れ 10度(志賀高原等)~20度
24日曇り 10度~15度


[大まかな行程・道路状況等]
●経路
中央道->ビーナスライン->上越道->志賀高原->嬬恋パノラマライン->関越道->首都高

●混雑状況等
23日は中央道が相模湖ICまで渋滞。
24日は渋滞になる前に帰宅。


[雑記]
<23日>
朝腹痛でコンビニに駆け込む。
以降も午前中はあまりおなかの調子が良くなかった。

7時頃に調布ICから中央道へ入る。
調布ICまでの道は特に込んでいなかったのだが、高速に乗った直後から相模湖ICまで渋滞。
 ※渋滞予測サイトの情報通りであった

双葉SAで休憩と給油。
双葉SAを出て少し行ったところで1kmほど事故渋滞となっていた。

諏訪ICで降りて、10時ごろ蓼科方面からビーナスラインへ入る。
ビーナスラインの入り口付近から紅葉し始めており、高度を上げごとに鮮やかさが増していく。
本格的な紅葉を見たのは、今年はこれが最初であった。

女神湖の方へ行こうと考えていたのだが、途中の道が工事通行止めとなっていた。
一旦白樺湖方面へ迂回してから女神湖方面へ行く。
逆側でも、先ほどの道に入る箇所は通行止めとなっていたので引き返した。
 ※実は、女神湖へは通行止め区間を通らずにいけるのだが、通行止めの道沿いに女神湖があると勘違いしていた。

白樺湖へ降りる道は、街路樹が紅葉しており綺麗だったので数枚写真を撮った。

白樺湖を越えて車山高原・霧ヶ峰へ上がっていく。
下には紅葉した大地、遠くには霞かかった山々が見える。
景色に感動して、いろいろな展望台で止まり何枚も写真を撮った。

高原の道は、視界が開けており空が広く感じた。
ゆっくり走りたいと思わせる良い道であった。

霧ヶ峰から北上して、和田峠を越えて美ヶ原に向かう。
この道中も紅葉が綺麗であった。

落合橋を越えたところでバイクを止め、紅葉の写真を撮った。

落合橋から美ヶ原までは、かなり急なの登りであった。
高度が上がるにつれ、落葉した木が増えて行き、道の駅美ヶ原美術館付近では紅葉はほとんどなくなった。

しかし、美ヶ原からの景色はとても良かった。
遠くの山々で見通せ、青い空・紅葉の森のコントラストが鮮やかな風景は、何分眺めても飽きがこない。

道の駅で昼食を取ろうかと考えていたが、おなかの調子を考えて、温かいカフェオレを飲むだけにしておいた。


13時15分ごろ美ヶ原を出発。
上信方面の下りる県道465は、道路状態が良くなくなく走りにくかった。
ただ、かなりの急坂で高度がどんどん変わるため、高度ごとの落葉、紅葉、青葉の変化が良くわかり面白い。

上信越道の上田菅平IC手前にあったヤマダ電機で、忘れたSDカードリーダーを購入。ついでにすこし休憩した。
上信越道は特に問題もなく、今回は奥志賀林道を通る予定のため、豊田飯山ICで降りた。

ちょうど給油タイミングであったので、IC目の前のフルサービススタンドで給油。
しかし、すこし走ったところにセルフスタンドが何件もあったので、そちらで入れたほうがよかったかもしれない。

16時すぎに奥志賀林道へ。
1車線になることも多い狭い道だが、意外と対向車が多いので慎重に走る。
そういえば、クラシックレーシングカーと何台もすれ違った。
なにかイベントがあったのだろうか。

また、途中ナビが測位しなくなり、自動的にリセットがかかった。
熱暴走だろうか。または山々が遮蔽になってGPSの電波が受信できな苦なっていた可能性もある。
再起動後は特に問題なし。

奥志賀林道の木々の向こう側には、赤く染まった山が見えた。
そして、野沢温泉への分岐を越えたあたりから、林道道沿いの紅葉も特にきれいになっていった。
雑魚川近辺は赤黄色が入り混じった紅葉が道を覆っている。

雑魚川付近を過ぎて、志賀高原へ上っていくと紅葉は収束。
志賀高原側はカーブもゆるく、道も整備されており快適に走れた

17時半ごろ、今夜の宿「蓮池ホテル」に到着
宿の夕食は結構おいしかった。

宿の温泉はちょうど入っている人がおらず、貸しきり状態になった。
温泉は、硫黄泉らしいがあまり匂いはしなかった。

いつもは露天風呂は面倒なので入らないのだが、ここは露天風呂が売りらしいので入ってみることにした。

外にでると、大変寒い。すぐに温泉につかる。

露天風呂からは、満月が見えた。
葉の落ちた木と月の組み合わせは、趣深いものであった。

7分ほど入っていたが、いつもならのぼせるのに今回は大丈夫だった。
、頭は冷やされている状態だったからだろうか。

24日のルート検討などをしてから22時半すぎに就寝。



<24日>
6時半ごろ起床。
朝食が7時半からだったので、バイクに荷物を積み込んだり、
ホテルの裏の蓮池に行ってみたりしながら過ごす。

朝食は、湯豆腐などかなりヘルシーなメニューだったが、量はそれなりにあり満足できた。

8時過ぎにホテルを出発。
紅葉がきれいな琵琶池を一周してから、南下し始めた。

だいぶ雲が出ていたので、渋峠方面ではなく山田牧場の方へ行こうかとも考えたが、
せっかく志賀高原まできたのだからと渋峠へ向う。

確かに曇ってはいたが、峠付近からは雄大な景色が見え、大変満足できた。
峠を過ぎたあたりから、対向車線側(R292を北上)は多少渋滞しているようであったが、
自分が走る車線は混雑もなかった。

志賀高原をくだったあと、嬬恋パノラマラインに入る。
適度なワインディング、アップダウンがあり、予想より面白い道であった。

景色の良い場所も結構あり楽しめる道だった。

その後、湯ノ丸高原へ向かう。ふもとのほうでは広葉樹が赤・黄色に色付いており、、
高原に上ると唐松の紅葉で一面黄色になる。

ここから、高峰高原まで林道があるのだが、途中からダートになるようだったので一旦下ることした。

下ったところにあった道の駅雷電で休憩。お土産にくるみのクッキーを購入した。

チェリーパークラインで高峰高原へ上っていく。
高峰高原も唐松の紅葉が美しい場所であった。
とくに、頂上直前に視界が開ける場所があり、黄色く染まった山を見下ろすことができる。

この時点で13時半ごろであった。

夕方から雨が降るとの予報だったので、小諸ICから高速に乗り帰路に着いた。
ちょうど渋滞になる直前だったようで、まだ日があるうちに帰宅することが出来た。


d0085428_2203438.jpg

[PR]

by ikadayak | 2010-10-24 21:37 | ツーリング


<< 2010年11月03日 大菩薩...      2010年10月19日 日光ツ... >>