なんとなく備忘録

kynotes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 02日

エンジンガード・インプレッション

グラディウス400にRENNTECエンジンガード(商品番号REN51008B)
バイク屋で取り付けてもらいました。

●留意事項
グラディウス400に、このエンジンガードを取り付けるためには、
フロントスプロケットカバーが必要です。

グラディス650用のフロントスプロケットカバー(約1800円)が流用できます。
 ※申し訳ありませんが、部品番号はわかりません。

グラディウス400にエンジンガード取り付けためには、左側のエンジンカバーを外す必要がありますが、
エンジンカバーがフロントスプロケットカバーを兼ねているため、スプロケットがむき出しになってしまいます。

スプロケットカバーが無くても走れますが、
車検に通らなくなってしまいますし、衣類や靴を巻き込む可能性があり危険です。


●デザイン
色は、光沢のある黒色です。
左右3箇所ずつフレームにボルトで固定されています。

奥行き(エンジンとガードの間)は、大体マフラーと同じくらいです。
そのため、転倒したらマフラーには傷が付きそうです。

横(幅)には、エンジン前部から
 右側はブレーキペダル上、
 左側はシフトペダル上
まで伸びています。

走行中にブレーキ・シフト操作をする分には問題ないのですが、
体勢を変えたり、足を着いたりするときに、足にガードが当たることがあります。


●いまいちな点
以下、1、2は取り付けした整備の方から聞いた情報です。

1.品質
海外製品のためか最初から数箇所塗装がはげている箇所があったそうです。
また、付属のボルトが合わず、別のボルトを用意する必要があったそうです。

説明書にも、取り付け時に「ねじ穴の加工」等が必要な場合があると記載されていました。
適切な工具が無い場合は、プロに取り付けをお願いした方が良いと思われます。

2.ガードとしての性能
写真を見ていただくと分かりますが、エンジンを固定しているボルトに共締めされている箇所があります。
このため、転倒すると「エンジンを破損するかも」ということです(立ちごけ程度なら問題ないようですが)。
 ※商品の説明にも「ドレスアップパーツです」と書かれていますが、エンジンガードなのに・・・とちょっと思いました。

3.エンジンカバーを外した影響
左側のエンジンカバーを外したため、一部の配線がむき出しになってしまいました。
ケーブル・コネクタ類は防水タイプのため、このままでも問題はありませんが、カッコイイとは言い難い状態です。

また、エンジンカバーを外したため、エンジンの音が若干大きくなりました。


●効果
さすがにバイクを転がしてテストするわけにもいきませんので、どの程度役立つかは不明ですが、
立ちゴケ時にハンドルやペダルが曲がるのは防いでくれそうです。

エンジンガードが役立つ状況にならないのが一番ですので、今まで通り、油断せずに走りたいと考えています。

■追記(7月24日の実地検証結果)
坂道で左折しようとしたときに、バランスを崩して転倒(速度5km/h以下)してしまいました。
損害は、以下のとおりです。
 ・ガード左側の塗装がはげた
 ・クラッチレバーが折れた
 ・ハンドルが微妙にゆがんだ
 ・左ステップのバンクセンサーが折れた

当然ながら、ハンドルやステップ等のガードより飛び出している部分は守れませんでしたが、
タンクやシフトペダル、フレーム等には傷もありませんでした。

また、ガードのおかげで、車体が完全に寝てしまうことがないため、引き起こしやすくなりました。


 右側
d0085428_22325450.jpg


 左側
d0085428_23241236.jpg






 右側(別角度)
d0085428_22365267.jpg


 左側(別角度)
d0085428_22363332.jpg


 右側(上面)
d0085428_22371043.jpg


 左側(上面)
d0085428_2237569.jpg




※他の装備インプレ
インプレ記事まとめをご覧ください。
[PR]

by ikadayak | 2011-04-02 22:33 | 自動二輪


<< インプレ記事まとめ      2011年03月06日 房総の河津桜 >>