なんとなく備忘録

kynotes.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 30日

ヘルメット購入 SHOEI NEOTEC

2月からも仕事が忙しく、深夜残業・徹夜・休日出勤の連続で、まったくツーリングへ行っておりませんでした。
ただ、残業代をそれなりにいただきましたので、春のセールでヘルメットを新調しました。

新しく買ったのは、SHOEIのNEOTEC(ネオテック)です。
ヘルメットの前部が開く、システムヘルメットといわれる部類で、ヘルメットをかぶったまま飲食できたりします。

無精者の自分にあっており、SHOEIのシンクロテック->マルチテック->ネオテックと、システムヘルメットばかり買っておりました。

まだシールドの保護シールもはずしていない状態で、まったく使っておりません。
そのため、インプレもできないのですが、今まで使っていたSHOEI マルチテックとの差等を簡単に書いて見ます。

■大きさ等
マルチテック、ネオテックともにLサイズを購入しましたが、どちらもちょうど良いサイズでした。

大きさは、写真を見ていただければわかるとおり、
ネオテックの方が、、左右幅は若干狭く、前後が若干長くなっています。

[サイズ比較(右マルチテック、左ネオテック)]
d0085428_3302214.jpg

d0085428_3303347.jpg


■インカム取り付け
SENA SMH10は、ネオテックにも問題なく取り付けられました。
さらに、ネオテックにはスピーカーが入れられるくぼみが用意されています。
 ※カタログでは、耳元に余裕を持たせるスペースとなっています。

このくぼみは、イヤーパッド(スポンジの覆い、写真スピーカー左)が付けられており、
スピーカーの上から取り付けると、両面テープ等を使わなくてもスピーカーを固定することができました。

イヤーパッドをはずせば簡単にスピーカーがはずせますし、ヘルメットを洗うときなどに便利そうです。

[スピーカー取り付け]
d0085428_330418.jpg

[覆い等を付けた後]
d0085428_3592192.jpg



■フリップアップ時のシールドの開閉
フリップアップ(前部を開いた状態)では、シールドが開けられません。
もしかしたら、自分の使い方が間違っている可能性もありますが、
写真と通り、マルチテックではシールドが開けられたのですが、ネオテックでは無理なようです。

シールドの掃除しにくくなり、ちょっと残念です。

[フリップアップ時(右マルチテック、左ネオテック)]
d0085428_358277.jpg


そのうち、走った際の感想なども書きたいと考えています。

■2012年5月19日追記
ネオテックをかぶって、走ってみたので感想を少し。

静音性は高くなったと気がします。
ただし、自分はインカムを付けているため、インカムの風切り音がうるさいので、大きな違いは感じませんでした。

シールドは、マルチテックにくらべ開け閉めが硬くなりましたが、がっちりしており隙間風が入ってくることは皆無でした。
付属のピンロックシートも、従来品だと視界にフチが入ってしまったのですが、新型ではほとんど気になりません。
また、西に向かって走るときにインナーバイザーも太陽の光をかなり和らげてくれ、まぶしさで目がくらむこともありませんでした。。

※他の装備インプレ
インプレ記事まとめをご覧ください。
[PR]

by ikadayak | 2012-04-30 03:31 | 二輪用品


<< 2012年05月19日 箱根      2012年01月30日 山中湖... >>