2006年 09月 12日

06年08月31日 伊豆ツーリング

先週はせっかく晴れの日が多かったのに風邪で寝込んでいました。
ただ、風邪をひく直前の8月末と9月初めにツーリングにでかけることができました。

8月31日は木曜日という中途半端な日でしたが、有休が取れたので伊豆に出かけてきました。


<2006/08/31>
伊東~中伊豆~箱根
約323.0km
・8:30~20:30、晴d0085428_2355566.jpg
・西湘バイパス-真鶴旧道-熱海海岸道路-R135-"道の駅伊東マリンタウン"-"一碧湖"-静岡県道109-門脇崎-R135-"道の駅開国下田みなと"-R414-"道の駅天城越え"-静岡県道59-伊豆スカイライン-静岡県道20号-箱根新道-小田原厚木道路



・自宅から西湘バイパスまでの道は渋滞がところどころあり、西湘バイパスにのるまで1時間半ほどかかった。大磯西ICから西湘バイパスに入り、途中PAで休憩してから石橋ICで降りた。
・海沿いを走り、真鶴旧道に入った。真鶴旧道は他の有料道路と異なり、信号なども普通にある一般道であった。真鶴岬に行くのであれば旧道を通る必要があるが、時間を稼ぐなら新道へ行った方が良いようだ。
・熱海はそのまま通過した。熱海海岸道路からは海が良く見えた。
d0085428_23253250.jpg・R135で道の駅伊東マリンタウンに向かってる途中、眠気に襲われる。あと少しで道の駅に着くはずだったので我慢していたが、やはり注意散漫になっていたのか道の駅を通り過ぎてしまった。引き返して道の駅に入った後、20分ほど休憩して出発した
・海沿いの汐吹灯台にいきたかったが、道を間違えてしまった。小さなわき道だったので違うと判断してしまったのだ。引き返せる場所がなかったため、そのまま一碧湖へ向かった。
d0085428_2326256.jpg・一碧湖近くで、湖畔に降りれそうなところがあったので行ってみた。そこで土産物屋の人に呼び止められた。軒先に駐車させてくれるそうなので断りきれず駐車して店に入った。一応土産物屋で漬物を買ったのだが、もう少し愛想よくすべきであったと思う。
・R135をはずれ海沿いの県道109に出て門脇崎に向かった。途中、景色の良い場所があったのでバイクを止めて写真を数枚撮ったりした。
d0085428_2327070.jpg・門脇崎は平日にもかかわらず観光客が多数居た。つり橋があり、そこから眺める景色はなかなかよかった。灯台へ入るのは無料であったが、意外なことに灯台内部には誰も居なかった。30分ほど観光してから移動
・再びR135を通って道の駅開国下田みなとへ行った。最初、駐車場に入るためには場所がどこで曲がればよいのかわからず通過してしまった。おおきく回って引き返し、駐車場へ行った。
d0085428_015465.jpg道の駅開国下田は、公民館等を兼用しているようだった。そのためか、施設の大きさのわりにみやげ物コーナーなどは小さかった。お土産を買ったあとに移動した。
・下田の「とんかつ一」で遅めの昼食をとった。注文したミックスフライ定食には、からあげ、とんかつ、メンチカツ、クリームコロッケなどが山盛りになっており、ご飯にはカレーまでかけてくれた。つけあわせのスパゲッティとキャベツ、味噌汁、ご飯はお代わり自由だった。30分ほど粘ったのだが、量が予想以上に多く完食できず残してしまった。味噌汁がおいしかったのでお代わりしたのだが、それがなくても残したと思う。
・昼食を終えた時点ですでに16時であった。西伊豆に行くのはあきらめ中伊豆を通って帰宅することにした。
・R415を通って道の駅天城越えへ向かった。途中ループ橋を通ったが写真を撮るチャンスは残念ながらなかった。
d0085428_23274075.jpg・道の駅天城越えに17時頃到着。疲れていたのか駐車するときにバランスを崩したが、足で支えて無事だった。軽いST250でなければ立ちごけしていたと思う
・伊豆スカイラインの冷川ICに行くには、事前に地図でしらべたところ静岡県道59号が最短のようだった。そのため、県道59号に行ったのだが失敗だった。高低差をまったく考えていなかったのである。細い道路が続く山道であり抜けるまでかなり時間がかかってしまった。また、途中ナビがあるにもかかわらず迷ってしまい、ガソリンスタンドで給油ついでに冷川ICまでの道を聞いたりした。
・冷川ICから伊豆スカイラインに入ってから程なくして日が落ちた。街灯などはIC付近にしかなかったため、ライトの光だけを頼りに走った。街灯がないところでの夜間走行は初めてだったのでコーナーが近づくたびに緊張したが、反射材の矢印が付いており安心してまがることができた。また、時折見える街の光はきれいだった。さすがに平日夜はすいており時折対向車がくるだけだったため30分ほどで熱海峠ICに到着した。
・熱海峠ICから箱根新道までの静岡県道20号も街灯がなく、闇のなかの走行となった。さらに薄く霧が出ていたので、慎重に走った。
・横浜新道から小田原厚木道路、自宅間は特に問題なく無事帰宅することできた。


[反省・課題]
・道を何回も間違えてしまった。慣れてきたため、運転に対す集中力が低下しているのだろう。慣れてきた時が一番危険であるとよく言われるので注意しなくてはならない。
・ルートの決定時点で山道である可能性を失念していた。当然、平面で考えると近くても、実際は高低差があるため結果的に遠くなる可能性があるわけなので、ちゃんと考えてルートを決めるべきだろう。
[PR]

by ikadayak | 2006-09-12 00:11 | ツーリング


<< 06年09月03日 奥多摩      過去のツーリング記録 06年0... >>