カテゴリ:自動二輪( 20 )


2011年 04月 06日

インプレ記事まとめ

今まで記事にしたインプレ等をまとめてみました。
たいした内容ではないですが、参考にしていただければ幸いです。

項目ごとに、新しい記事ほど上に掲載しています。

※現在はwikiにまとめています(2013/11/12追記)。

■グラディウス400
・燃費について(2010年度まとめ)
・回転数とギヤと速度

■グラディウス400のカスタムパーツ
・エンジンガード(更新日2011/08/08)
・ハンドガード(ナックルガード)
・グリップヒーター
・ニーグリップパッドおよびタンクパッド
・テールボックスキャリア(リアキャリア)
・メーターバイザー
・イモビアラーム

■積載用品(バッグ等)
・サイドバッグ・インプレッション その2
・サイドバッグ・インプレッション その1
・マグネット式タンクバッグ

■カーナビ・GPS
・NV‐SB570DTの使い勝手について
・NV‐SB570DT取り付け方法等
・Mio P560(PDAカーナビ)
・Mio168RS(PDAカーナビ)

■ビデオカメラ
・Gopro HD

■インカム
・SENA SMH10

■ヘルメット
・SHOEI NEOTEC

■被服等
・hit-airジャケット
・べスウォーマー車輌用コントローラー
・べスウォーマーDXベスト
・飛行機へのhit-air持ち込み
・プロテクターのすすめ
[PR]

by ikadayak | 2011-04-06 22:40 | 自動二輪
2011年 04月 02日

エンジンガード・インプレッション

グラディウス400にRENNTECエンジンガード(商品番号REN51008B)
バイク屋で取り付けてもらいました。

●留意事項
グラディウス400に、このエンジンガードを取り付けるためには、
フロントスプロケットカバーが必要です。

グラディス650用のフロントスプロケットカバー(約1800円)が流用できます。
 ※申し訳ありませんが、部品番号はわかりません。

グラディウス400にエンジンガード取り付けためには、左側のエンジンカバーを外す必要がありますが、
エンジンカバーがフロントスプロケットカバーを兼ねているため、スプロケットがむき出しになってしまいます。

スプロケットカバーが無くても走れますが、
車検に通らなくなってしまいますし、衣類や靴を巻き込む可能性があり危険です。


●デザイン
色は、光沢のある黒色です。
左右3箇所ずつフレームにボルトで固定されています。

奥行き(エンジンとガードの間)は、大体マフラーと同じくらいです。
そのため、転倒したらマフラーには傷が付きそうです。

横(幅)には、エンジン前部から
 右側はブレーキペダル上、
 左側はシフトペダル上
まで伸びています。

走行中にブレーキ・シフト操作をする分には問題ないのですが、
体勢を変えたり、足を着いたりするときに、足にガードが当たることがあります。


●いまいちな点
以下、1、2は取り付けした整備の方から聞いた情報です。

1.品質
海外製品のためか最初から数箇所塗装がはげている箇所があったそうです。
また、付属のボルトが合わず、別のボルトを用意する必要があったそうです。

説明書にも、取り付け時に「ねじ穴の加工」等が必要な場合があると記載されていました。
適切な工具が無い場合は、プロに取り付けをお願いした方が良いと思われます。

2.ガードとしての性能
写真を見ていただくと分かりますが、エンジンを固定しているボルトに共締めされている箇所があります。
このため、転倒すると「エンジンを破損するかも」ということです(立ちごけ程度なら問題ないようですが)。
 ※商品の説明にも「ドレスアップパーツです」と書かれていますが、エンジンガードなのに・・・とちょっと思いました。

3.エンジンカバーを外した影響
左側のエンジンカバーを外したため、一部の配線がむき出しになってしまいました。
ケーブル・コネクタ類は防水タイプのため、このままでも問題はありませんが、カッコイイとは言い難い状態です。

また、エンジンカバーを外したため、エンジンの音が若干大きくなりました。


●効果
さすがにバイクを転がしてテストするわけにもいきませんので、どの程度役立つかは不明ですが、
立ちゴケ時にハンドルやペダルが曲がるのは防いでくれそうです。

エンジンガードが役立つ状況にならないのが一番ですので、今まで通り、油断せずに走りたいと考えています。

■追記(7月24日の実地検証結果)
坂道で左折しようとしたときに、バランスを崩して転倒(速度5km/h以下)してしまいました。
損害は、以下のとおりです。
 ・ガード左側の塗装がはげた
 ・クラッチレバーが折れた
 ・ハンドルが微妙にゆがんだ
 ・左ステップのバンクセンサーが折れた

当然ながら、ハンドルやステップ等のガードより飛び出している部分は守れませんでしたが、
タンクやシフトペダル、フレーム等には傷もありませんでした。

また、ガードのおかげで、車体が完全に寝てしまうことがないため、引き起こしやすくなりました。


 右側
d0085428_22325450.jpg


 左側
d0085428_23241236.jpg


その他の写真
[PR]

by ikadayak | 2011-04-02 22:33 | 自動二輪
2011年 02月 26日

タイヤ交換(クオリファイア2)

古いタイヤも、まだ少しは持ちそうだったのですが、
10000km以上乗ったことも有り、1年点検のついでに交換してもらいました。

新しいタイヤはダンロップのQualifier2です。

純正タイヤがダンロップの「Qualifier J」(多分Qualifier1に相当する製品)ですので、
面白みのない選択だったかもしれません。

タイヤの違いを語れるほど運転がうまいわけではない(正直、下手です)ので、インプレは省きます。

Qualifier2は、センター部分に寿命の長いコンパウンドを使っているようなので、長持ちしてほしいなと考えています。
※古いタイヤは、センター部分ばかり削れてましたので・・・

 前輪
d0085428_2040772.jpg


 後輪
d0085428_2046269.jpg

[PR]

by ikadayak | 2011-02-26 20:37 | 自動二輪
2011年 01月 18日

グラディウス400 燃費について(2010年)

昨年(2010年)のグラディウス400の燃費は、下記の通りでした。

[グラディウス400 燃費]
平均燃費:25.4km/L
最低燃費:21.2km/L ※街乗り
最良燃費:32.4km/L ※高速道路+すいている一般道主体のツーリング

[測定条件等]
満タン法で測っていますので、1L弱程度の誤差がある可能性があります。
運転は、特に燃費は意識せず、4~5速を良く使って走っています。

[所感]
タンク容量は14Lありますので、最低燃費でも300km弱は走れる計算です。
誤差を考慮しても、自分がよく行く場所への日帰りツーリング程度ならば、給油なしでも大丈夫というのは心強いところです。


[関連記事]
慣らし運転時の燃費&ST250との比較
回転数とギア比と速度
[PR]

by ikadayak | 2011-01-18 12:30 | 自動二輪
2010年 04月 19日

グラディウス400 回転数とギア比と速度

回転数とギア比、タイヤサイズ等から速度を求める計算式を解説しているサイト等がありましたので、対応表を作ってみました。

exceite blogはtableタグが使えないので画像で掲載しています。

厳密に計算したわけではありませんので、細かい数値は正確でない可能性があります。
もし、大きく間違っているようでしたら、ご指摘いただければ幸いです。

d0085428_12302914.jpg

[PR]

by ikadayak | 2010-04-19 12:30 | 自動二輪
2010年 03月 31日

SIDESTAND.JP

サイドスタンドというバイクの車歴管理オンラインサービスがあります。

以前、雑誌で知り登録していたのですが、
対応車種にグラディウス400が無かったので放置していました。

しかし、3月30日にグラディウス400でも利用できるようになったようです。

まだきちんと利用していませんが、
走行履歴、燃費管理、整備記録等が管理できるようになっています。
携帯電話からも入力可能です。

この手のオンラインサービスは、
サービスが終了してしまうと、溜めたデータが失われるのが欠点ですが、
使い方によっては便利かもしれません。
[PR]

by ikadayak | 2010-03-31 23:42 | 自動二輪
2010年 02月 26日

グラディウス400 立ちゴケ補修部品

今のところ、立ちゴケ等はしていませんが、
出先等でも、いざというときにすぐ交換部品を発注できるように
壊れそうな部品の品番をパーツリストから抜き出してみました。

もし、この記事を参考に部品を注文される方がいらっしゃいましたら、
念のため発注される店で正しい部品番号か確認してください。



[ブレーキレバー]
57300-44G10 レバーアッシ,ブレーキ
 ※ブレーキレバーとレバーを留めるボルト・ナットのセットです。
 ※レバー単体の部品番号は設定されていませんでした。

[クラッチレバー]
57500-25D00 レバーアッシ,クラッチ
 ※クラッチレバーとレバーを留めるボルト・ナットに加え、クラッチスイッチなども含みます。

57621-40F00 レバー,クラッチ
 ※クラッチレバー単体です。

57431-45C01 ボルト,レバーピボッド
08319-2106B ナット
 ※クラッチレバー取り付け用のボルトおよびナットです。

[シフトペダル]
25600-44H00 レバーアッシ,ギアシフト

[ブレーキペダル]
43111-44G10 ペダル,ブレーキ

[フロントステップ]
43511-44G10 バー.フロントフットレスト,ライト
43521-44G10 バー.フロントフットレスト,レフト
 ※ステップのステー?の部分です

43550-44G10 ラバー,フットレストバー
 ※ステップのゴムの滑り止め部分です。

09208-08019 ピン
09448-14046 スプリング
08332-1106A Eリング
 ※ステップを固定するためのピン等です。

[ウインカー]
35601-44H00 ランプアッシ,フロントターンシグナル,ライト
35602-44H00 ランプアッシ,フロントターンシグナル,レフト
35603-44H00 ランプアッシ,リヤターンシグナル,ライト
35604-44H00 ランプアッシ,リヤターンシグナル,レフト
 ※ウインカー一式です。

35610-44H00 ランプユニットA
35630-44H00 ランプユニットB
 ※ウインカーのレンズです。前後共通のようです。

[ミラー]
56500-41F50 ミラーアッシ,リヤビュー,ライト
56600-41F50 ミラーアッシ,リヤビュー,レフト

[マフラーカバー]
14780-44H00 カバー,マフラ
[PR]

by ikadayak | 2010-02-26 00:52 | 自動二輪
2010年 02月 06日

ST250とグラディウス400

実はまだ、ST250が手元にあります。
せっかくなので、ST250とグラディウス400を並べて写真を撮ってみました。

撮影のためにST250を取り回すと、その軽さに驚きます。
グラディウスは、一旦エンジンを切ってしまうとズッシリときますね。

ST250は、腕の力だけでも簡単に支えられますし、2,3センチの段差なら容易に乗り越えられます。

ST250より60kgほど重いだけあって、グラディウスはしっかり腰で支えないと倒れそうです。
平地では、それほど取り回しに苦労しませんが、勢いを付けないと段差は乗り越えられません。
また、最小回転半径が3mと少し大きめなためか、小回りさせにくい感じがします。

ですが、グラディウスも走り始めれば重さを感じることはありませんし、
高速道路でも余裕を持って流れに乗れます。

それぞれ長所・短所ありますが、どちらも良いバイクです。


d0085428_1611728.jpg

d0085428_04326.jpg

d0085428_041961.jpg

[PR]

by ikadayak | 2010-02-06 23:43 | 自動二輪
2010年 02月 05日

グラディウス400 燃費について(慣らし運転中)

定地燃費40km/Lを誇るグラディウス400ですが、自分の場合の燃費は下記の通りでした。
慣らし運転期間中(1000km)に8回給油しています。

[グラディウス400 燃費]
平均燃費:25.7km/L
最低燃費:23.0km/L ※街乗り
最良燃費:27.9km/L ※高速道路主体のツーリング


※比較対象として、ST250E(定地燃費55km/L)での去年1年間の燃費も書いておきます。

[ST250E 燃費]
平均燃費:30.2km/L
最低燃費:24.4km/L ※高速道路で大阪まで行ったとき
最良燃費:38.1km/L ※下道中心でのんびりツーリングしたとき


排気量が約1.6倍になった割には、良い方ではないでしょうか。

ただ、慣らし運転中ということで、最大でも5000~7000回転程度までにとどめていましたので、高めの回転数で走る機会が増えたりすると、悪化したりするかもしれません。

今後の乗り方次第ですね。


[関連記事]
2010年の燃費まとめ
[PR]

by ikadayak | 2010-02-05 21:44 | 自動二輪
2010年 01月 08日

グラディウス400 第一印象

今日はST250からグラディウス400にいろいろと装備を移した後、
ETCのセットアップのためにバイク屋へ行ってきました。
※有給休暇を取ったのでツーリングに行くつもりだったのですが、各種装備の移設作業等に予想外に手間取ってしまいました。

近所を少し走って見たくらいですが、感想を残しておきたいと思います。

[第一印象]
インプレが書けるほど乗っていないので、簡単にST250との比較になりますが、
1速でもギクシャクしにくい(多少します)
加速が良い(ST250と比べれば当たり前ですが)
シートが固い(長距離走ると影響があるかもしれません)
取り回しの時に小回りが利かない(最小旋回半径が3mと比較的大きいためかもしれません)
ネットやロープを引っ掛ける場所が無い
といったところが印象に残りました。

1速のアイドリングでも前に進む力は十分あるため、渋滞にはまったとき楽です。
とはいえ、ST250の感覚でクラッチをつなぎ、発進時に何回かエンストさせてしまいました。

課題は、荷物の積載をどうするかでしょうか。
シート裏の布ループやリアキャリアを使っても、ロープやネットを適切に張るのが難しいです。
これに関しては、引っ掛ける場所が無数にあったST250の方が良かったですね。

一応、シート下にも収納スペースがありますが、最低限の工具と書類、ETCでいっぱいです。
深さがあまりないため、何も入れない状態でも500mlペットボトルを入れるのさえ厳しいくらいです。

d0085428_21364178.jpg

d0085428_21364998.jpg


その他感想・備忘録
[PR]

by ikadayak | 2010-01-08 21:36 | 自動二輪