なんとなく備忘録

kynotes.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 27日

2010年2月27日 雨の宮ヶ瀬湖

2月はツーリングへ1度しか行っていなかったので、
出発時から今にも雨が降り始めそうな天候でしたが、
宮ヶ瀬湖に行ってみました。

予想したとおり、途中から小雨がぱらぱらと・・・・
宮ヶ瀬湖も雨の中でした。

それでもバイクで走り回るのは楽しいですね。


 鳥居原ふれあいの館
d0085428_18431263.jpg


ツーリングメモ
[PR]

by ikadayak | 2010-02-27 18:42 | ツーリング
2010年 02月 26日

グラディウス400 立ちゴケ補修部品

今のところ、立ちゴケ等はしていませんが、
出先等でも、いざというときにすぐ交換部品を発注できるように
壊れそうな部品の品番をパーツリストから抜き出してみました。

もし、この記事を参考に部品を注文される方がいらっしゃいましたら、
念のため発注される店で正しい部品番号か確認してください。



[ブレーキレバー]
57300-44G10 レバーアッシ,ブレーキ
 ※ブレーキレバーとレバーを留めるボルト・ナットのセットです。
 ※レバー単体の部品番号は設定されていませんでした。

[クラッチレバー]
57500-25D00 レバーアッシ,クラッチ
 ※クラッチレバーとレバーを留めるボルト・ナットに加え、クラッチスイッチなども含みます。

57621-40F00 レバー,クラッチ
 ※クラッチレバー単体です。

57431-45C01 ボルト,レバーピボッド
08319-2106B ナット
 ※クラッチレバー取り付け用のボルトおよびナットです。

[シフトペダル]
25600-44H00 レバーアッシ,ギアシフト

[ブレーキペダル]
43111-44G10 ペダル,ブレーキ

[フロントステップ]
43511-44G10 バー.フロントフットレスト,ライト
43521-44G10 バー.フロントフットレスト,レフト
 ※ステップのステー?の部分です

43550-44G10 ラバー,フットレストバー
 ※ステップのゴムの滑り止め部分です。

09208-08019 ピン
09448-14046 スプリング
08332-1106A Eリング
 ※ステップを固定するためのピン等です。

[ウインカー]
35601-44H00 ランプアッシ,フロントターンシグナル,ライト
35602-44H00 ランプアッシ,フロントターンシグナル,レフト
35603-44H00 ランプアッシ,リヤターンシグナル,ライト
35604-44H00 ランプアッシ,リヤターンシグナル,レフト
 ※ウインカー一式です。

35610-44H00 ランプユニットA
35630-44H00 ランプユニットB
 ※ウインカーのレンズです。前後共通のようです。

[ミラー]
56500-41F50 ミラーアッシ,リヤビュー,ライト
56600-41F50 ミラーアッシ,リヤビュー,レフト

[マフラーカバー]
14780-44H00 カバー,マフラ
[PR]

by ikadayak | 2010-02-26 00:52 | 自動二輪
2010年 02月 20日

2010年02月20日 房総-九十九里浜

今日は、知人と共に房総半島経由で九十九里浜まで行ってきました。

快晴の土曜日ということで、渋滞が酷い箇所もありましたが、
房総半島に入ってからは、渋滞にはまっても10分ほどで抜け出せる箇所ばかりでしたので、
3週間ぶりのツーリングを楽しめました。

2月末くらいから、本格的な花粉症シーズンとなりますので、
例年はあまりツーリングに行かないのですが、
せっかくグラディウス400を手に入れので今年はがんばって出かける予定です。。

今回の南房総経由で九十九里浜へはちょっと時間がたりなかったので、
次の機会には、銚子のほうから九十九里浜方面へ向かってみようかと考えています。


 海ほたる
d0085428_23531271.jpg

 R128沿いのコンビニ
d0085428_065288.jpg


ツーリングメモ
[PR]

by ikadayak | 2010-02-20 23:45 | ツーリング
2010年 02月 16日

デイトナ ホットグリップ・ヘビーデューティー・インプレッション

グラディウス400にデイトナのグリップヒーターであるホットグリップ・ヘビーデューティー(商品番号68097)を付けています。
1ヶ月ほど使ってみての簡単なインプレです。

●機能等
スタート・モード(消費電力:約57.6W)とオン・モード(消費電力:約14.4W)の2段階で切替できます。
グラディウス400では、アイドリング状態でスタート・モードに設定すると、電圧が12V未満になってしまいます(シガーソケットに設置する簡易電圧計で測定)。
これは充電量より消費量が上回っている状態です。
エンジンが停止してしまう可能性は低いですが、スタート・モードはある程度エンジンの回転数を稼げる状態で使用したほうが安全です。

参考:グラディウス400の最大発電量は約375W(5000回転時)です。

また、電圧を監視して自動停止する機能はありませんので、エンジンをかけない状態でスイッチを入れてしまうとバッテリー上がりの危険があります。

●使用感
※すべて中綿等の無い春秋用皮グローブ(hit-air グローブT)着用時の感想です。

全般:
グリップが若干太くなるようですが、違和感は殆どありません。
スロットルロッカーも問題なく装着できました。

オン・モードの場合:
風をあまり受けない下道走行時や気温10℃以上では、手の平にほんのり暖かさを感じます。
 ※スロットルロッカー越しでも暖かさを感じました。
指先は、凍えはしないが暖かくもないといった状態です。

気温が5℃以下で高速道路を走っている状況では、風に熱を大きく奪われてしまい指先は完全に凍えてしまいます。
熱源に触れている手の平さえも寒く感じるくらいです。
インナーグローブ(GW 光電子インナーグローブ)を着けていても、ほとんど変わりません。

オン・モードは、春・秋等のそれほど寒さが厳しくないときや、ハンドルカバー等で風を防いでいる状態でもっとも効果を発揮しそうです。

スタート・モードの場合:
熱いです。
気温が5℃以下で高速道路を走っている状況でも、熱すぎて長時間握っていられません。
その熱さのため、手の甲さえも寒さを感じません。

インナーグローブを着ければちょうど良いくらいになりますが、
それでもたまにハンドルから手を離し、手の平を冷ましてしまうほどです。

低温やけどになるのを防ぐために、手が温まったらオン・モードに切り替えたほうがよさそうです。

●雑記
オン・モードとスタート・モードの中間の設定がないのが残念なところです。
他のグリップヒーターだと、5段階に調整できる製品もあるようですので、可能であればそちらを選択したほうが良いのではないでしょうか。

または、ハンドルカバー+オン・モードとすれば、快適になりそうです。

●その他
グリップヒーター以外にもちょっとした防寒カスタムをしています。
各レバーに自転車用のハンドルバーテープを巻いているのです。
レバーを触ったときの冷たさが軽減されますし、操作感もほとんど変わりません。

 グリップヒーターおよびレバーの防寒
d0085428_23461366.jpg

 グリップヒーターのスイッチ等
d0085428_23462143.jpg



※他の装備インプレ
インプレ記事まとめをご覧ください。
[PR]

by ikadayak | 2010-02-16 23:46 | 二輪用品
2010年 02月 10日

グラディウス400 イモビアラーム・インプレッション

グラディウス400純正アクセサリのイモビアラーム(99000-990P4-170)の簡単インプレです。

●機能
アラームが稼動中は、赤いLEDが点滅します。

アラームが作動している状態で、車体の角度が変わったり、強い衝撃が加わったりした場合、警報音が車体から鳴り響きます。
また、キーを無理やり回したとしても、エンジンが点火しないようになっています。

●操作性
アラームはキーをONからOFFすると、1分後に自動的にセットされます。
アラームをセットしたくない場合は、フロントブレーキレバーを握った状態で、キーをOFFにします。

ST250にも、スズキ純正のイモビアラームを装着していましたが、
ハイビーム切替スイッチと連動しており、数秒以内にスイッチを入れたり切ったりしなければならず、意外と煩雑でした。

それに比べると、ブレーキレバーを握るだけの操作なので分かりやすく、使い勝手がよくなりました。
また、ブレーキを握らなければアラームがセットされるため、セットし忘れることが無くなったのも、個人的には良い点です。

●感度
バイクの姿勢を変えたり、大きく動かそうとするとアラームが鳴り響きます。
ちょっとバイクに接触したぐらい(バイクが少し揺れたくらい)では鳴りません。

感度が良すぎると、近所迷惑になってしまいますし、狼少年状態はでいざというときに油断してしまいそうなので、個人的にはちょうど良い感度だと思っています。

●その他
アラームをセットしておくと、当然バッテリは消耗しますが、1ヶ月放置するとかでなければ大丈夫なようです。
頻繁に乗る場合は、それほどイモビアラームの消費電力を気にする必要はないでしょう。



※他の装備インプレ
インプレ記事まとめをご覧ください。
[PR]

by ikadayak | 2010-02-10 12:39 | 二輪用品
2010年 02月 06日

ST250とグラディウス400

実はまだ、ST250が手元にあります。
せっかくなので、ST250とグラディウス400を並べて写真を撮ってみました。

撮影のためにST250を取り回すと、その軽さに驚きます。
グラディウスは、一旦エンジンを切ってしまうとズッシリときますね。

ST250は、腕の力だけでも簡単に支えられますし、2,3センチの段差なら容易に乗り越えられます。

ST250より60kgほど重いだけあって、グラディウスはしっかり腰で支えないと倒れそうです。
平地では、それほど取り回しに苦労しませんが、勢いを付けないと段差は乗り越えられません。
また、最小回転半径が3mと少し大きめなためか、小回りさせにくい感じがします。

ですが、グラディウスも走り始めれば重さを感じることはありませんし、
高速道路でも余裕を持って流れに乗れます。

それぞれ長所・短所ありますが、どちらも良いバイクです。


d0085428_1611728.jpg

d0085428_04326.jpg

d0085428_041961.jpg

[PR]

by ikadayak | 2010-02-06 23:43 | 自動二輪
2010年 02月 06日

車載カメラ更新

以前から、ツーリングにビデオカメラを持って行くことがありましたが、
画質などに不満が出てきたため買い換えました。

新しいカメラはGoPro HD Motorsports HEROという、車載等を前提としているカメラです。

今日は初回点検のためにバイク屋へ行きましたので、その往復を撮影してみました。
170度という広角でかなり迫力があり、ぶれも少なく画質も十分です。

[取り付け方法]
RAMマウントのカメラホルダに、別売りのGoPro用トライポッドマウントで取り付けています。
クイックシューも付けましたので、脱着も簡単です。

RAMマウントのベースパーツ(土台部分)は、リザーバカバー固定タイプです。
この位置ですと、スクリーンなどに邪魔されずきれいに撮影することができました。

RAMマウントを使用しなくても、標準付属品として、ヘルメット等に両面テープで接着できるマウント吸盤でタンク等に固定できるマウントが付属しています。
ただ、ヘルメットにつけるマウントは、万一転倒した場合に、首を痛める可能性を考えて使用しませんでした。

d0085428_17112376.jpg

d0085428_17113041.jpg

次回のツーリングで本格に撮影してみたいと考えています。
[PR]

by ikadayak | 2010-02-06 17:11 | 二輪用品
2010年 02月 05日

グラディウス400 燃費について(慣らし運転中)

定地燃費40km/Lを誇るグラディウス400ですが、自分の場合の燃費は下記の通りでした。
慣らし運転期間中(1000km)に8回給油しています。

[グラディウス400 燃費]
平均燃費:25.7km/L
最低燃費:23.0km/L ※街乗り
最良燃費:27.9km/L ※高速道路主体のツーリング


※比較対象として、ST250E(定地燃費55km/L)での去年1年間の燃費も書いておきます。

[ST250E 燃費]
平均燃費:30.2km/L
最低燃費:24.4km/L ※高速道路で大阪まで行ったとき
最良燃費:38.1km/L ※下道中心でのんびりツーリングしたとき


排気量が約1.6倍になった割には、良い方ではないでしょうか。

ただ、慣らし運転中ということで、最大でも5000~7000回転程度までにとどめていましたので、高めの回転数で走る機会が増えたりすると、悪化したりするかもしれません。

今後の乗り方次第ですね。


[関連記事]
2010年の燃費まとめ
[PR]

by ikadayak | 2010-02-05 21:44 | 自動二輪