なんとなく備忘録

kynotes.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 24日

2010年10月23日~24日 ビーナスライン・志賀高原ツーリング

冬季閉鎖になる前に、ビーナスラインと志賀高原を走りたいと思い、長野県~群馬県の高原へ出かけてきました。
もちろん、紅葉も目的のひとつです。

結論から申しますと、どれも素晴らしく満足できました。

23日は快晴で、ビーナスラインの高台からは紅葉の山々を遠くまで見渡すことができました。
ビーナスラインの後に向かった奥志賀林道でも紅葉が見頃でした。

24日は曇り空でしたが、志賀高原では雄大な景色を見つつ走ることができました。
紅葉もきれいで、湯の丸高原や高峰高原は黄色に染まっていました。

今回はゆっくりすごしたかったため、志賀高原の蓮池で一泊しました。
おかげで、24日は十分観光したにもかかわらず、渋滞になる前に帰ってこれました。


 ビーナスライン 蓼科近辺
d0085428_10395857.jpg


 ビーナスライン 美ヶ原
d0085428_21392783.jpg


 奥志賀林道
d0085428_10405156.jpg


 志賀高原 横手山
d0085428_21344730.jpg


 志賀高原 渋峠付近
d0085428_21352571.jpg


 湯ノ丸高原
d0085428_21361229.jpg


 高峰高原(チェリーパークライン)
d0085428_2137083.jpg



[滞在した宿のバイク駐車状況]
状況により駐車場が変更になる可能性はありますので、詳細は各ホテルにお尋ねください。

蓮池ホテル
:駐車無料。玄関前軒下のバイク駐車場に駐車。
 ※建物や設備は古いですが、悪天候による直前キャンセル(要相談)が可能であったりと、ライダー向けのサービスに力を入れているようです。

ツーリングメモ等
[PR]

by ikadayak | 2010-10-24 21:37 | ツーリング
2010年 10月 19日

2010年10月19日 日光ツーリング

紅葉シーズンの日光は、休日大渋滞になるので、
火曜日に有給休暇を取得してツーリングへ行っていました。

湯滝近辺は見ごろでしたが、中禅寺湖はまだ紅葉が始まったばかりでした。
去年行ったときは、中禅寺湖付近の紅葉が終わりかけていたのですが、今年はかなり色付きが遅れているようです。
赤・黄色に染まった山々を見れなかったのは残念ですが、緑・赤・黄色が入り混じった風景もきれいでした。

可能なら、10月末~11月初め頃にもう一度行ってみたいですが、
渋滞をどのように避けるかが、課題になりそうです。

 湯滝
d0085428_21485872.jpg


 中禅寺湖と男体山
d0085428_21493157.jpg


 いろは坂 方等滝
d0085428_2150443.jpg


※本記事は、投稿日時をツーリング日程に合わせて変更しています(10月24日投稿)。

ツーリングメモ
[PR]

by ikadayak | 2010-10-19 00:00 | ツーリング
2010年 10月 18日

宗谷丘陵の動画

2010年09月26日に北海道 宗谷丘陵を走ったときの動画を
ニコニコ動画にアップロードしてみました。


[PR]

by ikadayak | 2010-10-18 08:41 | ツーリング
2010年 10月 15日

カーナビ・インプレ:NV‐SB570DTの使い勝手について

NV‐SB570DT」の機能等については、googleなどで検索しますと的確なインプレが多数ヒットしますので、それらをご参照ください。

今回は、バイクで使用するという観点に限定してインプレいたします。
 ※取り付け方法については、こちらをご覧ください。


●グローブ装着時の操作性
タッチパネル上の各ボタンが比較的大きいため、
指先が比較的堅いタイプのグローブかつ、グローブのサイズが手にあっていれば問題なく操作できそうです。

なお、グローブで操作しにくい場合は、
100円ショップで購入したストラップ付きのDS用スタイラスを使用しています。


参考までに、自分の持っているグローブでの操作感です。

夏用グローブ(hit-air グローブG3)では、全く問題なくタッチパネルを操作できました。
画面右下に小さく表示される「有料道路-一般道切替ボタン」も選択することが可能です。

冬用グローブ(hit-air グローブW)でも、主なボタン(現在地ボタン等)は問題なく操作することができます。
ただし、小さいボタンは押し間違える場合があります。
AV音量の「+」「-」ボタン等は何とか選択できすのですが、「有料道路-一般道切替ボタン」を押すのは困難です

レイングローブ(ゴールドウィン Gベクターレイングローブ)では、冬用グローブとほぼ同じ使用感でした。

春秋用グローブ(ラフ&ロード RR8604)は、指先が少しあまるサイズを使用しているため、
ボタンを押す時に指先が曲がってしまい、主なボタン(現在地ボタン等)でも隣のボタンが誤って選択されてしまう場合があります。
比較的薄手のグローブですので、ぴったりのサイズを使用すれば、夏用グローブとほぼ同じ使用感だと思われます。


●音量
音声ガイドの音量があまり大きくならないため、
風切り音が大きい場合等には、最大音量にしても、音声ガイドが聞き取れない場合があります。

ただ、風切り音が大きくなる高速道路上などでは迷子になる可能性は低いと思われますので、
実用上の問題になるとまでは言い切れません。

また、アンプ等を使って音量を大きくしてしまえば、高速道路上でも問題なく音声ガイドを聞き取れます。
 ※自分は、B+COMというbluetoothインカムを使って音量を増やしています。

なお、ナビの音声ガイドと、音楽再生等のAV機能の音量を別々に設定できます。
AV機能の音量は、音声ガイドの音量より大きくできるため、高速道路上などでも問題なく聞き取ることができます。


参考までに音量に影響しそうな自分の装備を記載しておきます。
 ヘルメット:SHOEI マルチテック
 bluetoothインカム:サインハウス B+COM SB203
 bluetoothトランスミッタ:Jabra A120s


●画面
画面の明るさを最大にすれば、晴天の日中でも画面は見れます。

ただし、自分の場合は防水ケースにいれていますので、
ケースのフィルムに反射してしまい、晴れの日中はほとんど見えません。
何らかの日よけを付けて、画面を影の中にいれることが必須になります。

雑記
[PR]

by ikadayak | 2010-10-15 12:12 | 二輪用品
2010年 10月 10日

2010年10月09~10日 飛騨高山ツーリング

3連休の前半に、四輪車1台、二輪車2台という構成で、知人と共に岐阜県の高山へツーリングへ行ってきました。

天気予報では両日とも雨という予報でしたので、正直中止にしたかったのですが、宿をとってしまっていたので出発しました。

土曜日は、天気予報どおりに雨がひどく、ほとんど観光もせずに宿に直行です。
すでにバイクに乗る気力がなくなっていたので、車に乗って近くの温泉へ行き、冷えた体を温めました。

宿に戻った後、期待を込めて天気予報を確認したのですが、無常にも日曜日は降水確率100%した。

しかし、朝起きてみると晴れ間が見えていました。
どんどん晴れ間が増えていき、岐阜・長野では「晴れのち快晴」といえる最高の天気でした。

日曜日は帰りの中央道 相模湖IC付近で小雨が振りましたが、
雨具も必要ない程度でした。


ちょうど開催していた高山の八幡祭などをゆっくり見学。
やはり天気が違うと、同じ町並み・同じ道でもぜんぜん違う印象がありますね。


ちなみに、土曜日は大雨にもかかわらず何十台ものバイクとすれ違いました。

雨の中走っているとライダーとして連帯を感じるのでしょうか。
本州ではめったに見かけないピースサインを出してくれる人が結構いました。


d0085428_0532081.jpg

d0085428_053284.jpg


※本記事は、投稿日時をツーリング日程に合わせて変更しています(10月12日投稿)。

ツーリングメモ等
[PR]

by ikadayak | 2010-10-10 00:00 | ツーリング
2010年 10月 06日

カーナビ購入:NV‐SB570DT取り付け方法等

9月初めに新しいカーナビを購入しました。
購入したのは、サンヨーの「GORILLA NV‐SB570DT」というPNDです。

2006年に購入したMio R168
2008年に購入したMio P560
に引き続き3台目のカーナビですが、ナビ専用機は今回が初めてとなります。

Mio P560も、ルート検索に時間がかかる以外の不満はあまりなかったのですが、
雨の中でも簡易的な雨よけだけで酷使したせいか、動作が不安定になってきたのと、
地図が古くなってきたため買い替えることにしました。

北海道ツーリングで使ってみましたので、簡単なインプレ等をしたいと思います。
まずは、取り付け方法についてです。
 ※カーナビ自体のインプレは、こちらをご参照ください。


●マウント類の使用感
ナビの設置には、RAMマウントを使用しています。
ナビ本体はRAMマウントの防水ケースに入れて、グラディウス400のハンドル左側に取り付けています。
ナビの盗難防止のために、バイクから離れる際に簡単に取り外せるようにしてあります。

なお、ナビ用の防水ケースには南京錠を取り付ける穴が付いているため、
セキュリティワイヤー(パソコン用の盗難防止ワイヤー等)と組み合わせれば、簡易的ですが盗難防止策となります。
自分は、トイレ休憩とかで少しだけバイクから離れる場合は、ナビは取り外さないでいます。


[振動等の影響]
RAMマウントは単純な構造ですがしっかりと固定でき、振動の大きいST250で使用していた時も含め、緩みや脱落などはありませんでした。
 ※念のため、ストラップ等を命綱として付けています。

また、振動をある程度吸収してくれるようで、走行中でも画面がぶれることなく良く見えます。

[防水ケース]
今回から、防水性を確保するためにRAMマウントの防水ケース(アクアボックス)を使用しています。
防水性は高く、雨の高速道路を数時間走行しましたが、全く浸水しませんでした。

また、ケースのフレックスレンズ(透明フィルム部分)越しでも、全く問題なくタッチパネル操作が行えます。
フレックスレンズがナビの画面に接触することによる誤動作等も特にありませんでした。

ただ、天気の良い日はアクアボックスのフレックスレンズが反射してしまい、画面が非常に見え難くなってしまいます。
晴天時は別のホルダーに取り付けるか、何らかの日よけを装着する必要があります。

具体的な取り付け方法等について
[PR]

by ikadayak | 2010-10-06 12:44 | 二輪用品