タグ:SFV400 ( 83 ) タグの人気記事


2011年 04月 10日

2011年04月10日 箱根

今日は、箱根に行ってきました。

去年は、桜が満開であったターンパイクですが、まだ上の方はつぼみでした。
次の週末あたりが見頃なのでしょうか。

ターンパイクから、芦ノ湖・箱根スカイラインに向かいましたが、
あいにく曇り空で景色はいまいちでした。

その後、去年と同様に静岡県道401号沿いの茶屋「しるこや」(地図)へ。
店主さんが変わったようですが、以前と同じく、おしるこは甘さ控えめで美味しかったです。

4時間ほどのツーリングでしたが、
花粉症の症状もほとんどでず、渋滞にもほとんど巻き込まれず、充実した時間をすごせました。

ちょっと物足りなかった桜に関しては、帰宅後に近所の緑道で堪能しました。

 ターンパイクの桜(2.5km付近)
d0085428_012751.jpg


 「しるこや」のおしるこ
d0085428_015554.jpg


雑記・その他の写真等
[PR]

by ikadayak | 2011-04-10 23:58 | ツーリング
2011年 04月 06日

インプレ記事まとめ

今まで記事にしたインプレ等をまとめてみました。
たいした内容ではないですが、参考にしていただければ幸いです。

項目ごとに、新しい記事ほど上に掲載しています。

※現在はwikiにまとめています(2013/11/12追記)。

■グラディウス400
・燃費について(2010年度まとめ)
・回転数とギヤと速度

■グラディウス400のカスタムパーツ
・エンジンガード(更新日2011/08/08)
・ハンドガード(ナックルガード)
・グリップヒーター
・ニーグリップパッドおよびタンクパッド
・テールボックスキャリア(リアキャリア)
・メーターバイザー
・イモビアラーム

■積載用品(バッグ等)
・サイドバッグ・インプレッション その2
・サイドバッグ・インプレッション その1
・マグネット式タンクバッグ

■カーナビ・GPS
・NV‐SB570DTの使い勝手について
・NV‐SB570DT取り付け方法等
・Mio P560(PDAカーナビ)
・Mio168RS(PDAカーナビ)

■ビデオカメラ
・Gopro HD

■インカム
・SENA SMH10

■ヘルメット
・SHOEI NEOTEC

■被服等
・hit-airジャケット
・べスウォーマー車輌用コントローラー
・べスウォーマーDXベスト
・飛行機へのhit-air持ち込み
・プロテクターのすすめ
[PR]

by ikadayak | 2011-04-06 22:40 | 自動二輪
2011年 04月 02日

エンジンガード・インプレッション

グラディウス400にRENNTECエンジンガード(商品番号REN51008B)
バイク屋で取り付けてもらいました。

●留意事項
グラディウス400に、このエンジンガードを取り付けるためには、
フロントスプロケットカバーが必要です。

グラディス650用のフロントスプロケットカバー(約1800円)が流用できます。
 ※申し訳ありませんが、部品番号はわかりません。

グラディウス400にエンジンガード取り付けためには、左側のエンジンカバーを外す必要がありますが、
エンジンカバーがフロントスプロケットカバーを兼ねているため、スプロケットがむき出しになってしまいます。

スプロケットカバーが無くても走れますが、
車検に通らなくなってしまいますし、衣類や靴を巻き込む可能性があり危険です。


●デザイン
色は、光沢のある黒色です。
左右3箇所ずつフレームにボルトで固定されています。

奥行き(エンジンとガードの間)は、大体マフラーと同じくらいです。
そのため、転倒したらマフラーには傷が付きそうです。

横(幅)には、エンジン前部から
 右側はブレーキペダル上、
 左側はシフトペダル上
まで伸びています。

走行中にブレーキ・シフト操作をする分には問題ないのですが、
体勢を変えたり、足を着いたりするときに、足にガードが当たることがあります。


●いまいちな点
以下、1、2は取り付けした整備の方から聞いた情報です。

1.品質
海外製品のためか最初から数箇所塗装がはげている箇所があったそうです。
また、付属のボルトが合わず、別のボルトを用意する必要があったそうです。

説明書にも、取り付け時に「ねじ穴の加工」等が必要な場合があると記載されていました。
適切な工具が無い場合は、プロに取り付けをお願いした方が良いと思われます。

2.ガードとしての性能
写真を見ていただくと分かりますが、エンジンを固定しているボルトに共締めされている箇所があります。
このため、転倒すると「エンジンを破損するかも」ということです(立ちごけ程度なら問題ないようですが)。
 ※商品の説明にも「ドレスアップパーツです」と書かれていますが、エンジンガードなのに・・・とちょっと思いました。

3.エンジンカバーを外した影響
左側のエンジンカバーを外したため、一部の配線がむき出しになってしまいました。
ケーブル・コネクタ類は防水タイプのため、このままでも問題はありませんが、カッコイイとは言い難い状態です。

また、エンジンカバーを外したため、エンジンの音が若干大きくなりました。


●効果
さすがにバイクを転がしてテストするわけにもいきませんので、どの程度役立つかは不明ですが、
立ちゴケ時にハンドルやペダルが曲がるのは防いでくれそうです。

エンジンガードが役立つ状況にならないのが一番ですので、今まで通り、油断せずに走りたいと考えています。

■追記(7月24日の実地検証結果)
坂道で左折しようとしたときに、バランスを崩して転倒(速度5km/h以下)してしまいました。
損害は、以下のとおりです。
 ・ガード左側の塗装がはげた
 ・クラッチレバーが折れた
 ・ハンドルが微妙にゆがんだ
 ・左ステップのバンクセンサーが折れた

当然ながら、ハンドルやステップ等のガードより飛び出している部分は守れませんでしたが、
タンクやシフトペダル、フレーム等には傷もありませんでした。

また、ガードのおかげで、車体が完全に寝てしまうことがないため、引き起こしやすくなりました。


 右側
d0085428_22325450.jpg


 左側
d0085428_23241236.jpg


その他の写真
[PR]

by ikadayak | 2011-04-02 22:33 | 自動二輪
2011年 03月 06日

2011年03月06日 房総の河津桜

今年はじめてのツーリングへ行ってきました。
向かった場所は、房総半島の佐久間ダムです。

湖畔に河津桜が植樹されており、ちょうど花が見頃になっておりました。

本場の河津桜に比べれば、小振りで本数も少ないですが、結構きれいでした。
 ※本場も見に行きたいのですが、渋滞と混雑を考えて足が遠のいております。

今日は、昼過ぎにでかけたこともあり、佐久間ダムしか行きませんでしたが、
時間があるときに、別の花なども見に行きたいと考えています。


d0085428_0322219.jpg
d0085428_0323355.jpg


ツーリング記録等
[PR]

by ikadayak | 2011-03-06 23:00 | ツーリング
2011年 02月 26日

タイヤ交換(クオリファイア2)

古いタイヤも、まだ少しは持ちそうだったのですが、
10000km以上乗ったことも有り、1年点検のついでに交換してもらいました。

新しいタイヤはダンロップのQualifier2です。

純正タイヤがダンロップの「Qualifier J」(多分Qualifier1に相当する製品)ですので、
面白みのない選択だったかもしれません。

タイヤの違いを語れるほど運転がうまいわけではない(正直、下手です)ので、インプレは省きます。

Qualifier2は、センター部分に寿命の長いコンパウンドを使っているようなので、長持ちしてほしいなと考えています。
※古いタイヤは、センター部分ばかり削れてましたので・・・

 前輪
d0085428_2040772.jpg


 後輪
d0085428_2046269.jpg

[PR]

by ikadayak | 2011-02-26 20:37 | 自動二輪
2011年 02月 22日

サイドバッグ・インプレッション その2

年末にサイドバッグを購入しました。
ただ、選んだのはだいぶ前に絶版になった製品です。

自分の求めていた条件にちょうど合っているのですが、残念ながら後継製品は発売されておりません。
まだ、オークションやバイク用品店の在庫として購入できることもあるようなので、参考までに簡単なインプレを書いておきたいと思います。

●タナックス オールウェザーサイドバッグ(MFK-046/MFK-047)
 サイズ:H300×W350×D130mm
 容量 :12.0リットルx2
 構成 :1気室+サイドポケット

※サイズと構成は、片側のものです。

タナックスから販売されていた防水サイドバッグです(ポケット部は非防水です)。

防水サイドバッグは出し入れ口を「クルクルと巻いて閉じる」形式が多いですが、
本製品は2重の止水ファスナーによって浸水を防ぐ仕組みになっています。

[設置]
オールウェザーサイドバッグは、シートに固定するためのバックルが片側4個ずつあるのが特徴です。

写真を見ていただくと分かりますが、
バッグの外側についているバックルを使用することで、バッグ上面が内側(車体側)に引っ張られます。
これにより、サイドバッグキャリア・ステーなどが装備されていなくても、バッグがタイヤに接触するのを防ぐようになっています。

また、4箇所でベルトの長さを調整できるため、普通のサイドバッグに比べ、高い位置(マフラーなどから離れた位置)にバッグを設置することができます。

なお、バックルは、オス・メスが互い違いになっており、未使用時にまとめられるように工夫されています。

[大き・収納・使い勝手]
防水のために、出し入れ口の蓋が「外蓋」・「内蓋」の2重構造なっており、それぞれに止水ファスナーが付いています。

外蓋と内蓋の間には数cmの隙間があるため、薄い物なら入れておけます。
自分は、レイングローブ等の多少濡れても問題なく、比較的良く使うを入れています。

・利点
A4サイズの本がすっぽり入ります。
また、形が長方形なので、お土産のお菓子も箱を潰すこと無く詰め込むことができます。

・欠点
止水ファスナーが硬く、2回開けなければならないため、荷物を頻繁に出し入れする場合には面倒に感じます。
※ポケット部のファスナーは、普通の軽く開け閉めできるタイプです。

・どちらともいえない点
サイドバッグにしては外装が硬めなので、適当に荷物を放り込んで無理やり口を閉じるといった使い方は困難です。
ハードケースに収容しているような感覚で、きちんと整理しないと思ったほど入りません。
その代わり、ぎっちり詰め込んでも型崩れすることはありません。

[その他]
ファスナー2個で両開きできるようになっているため、
ファスナーに南京錠をつければ、簡易的な盗難防止策となりそうです。

d0085428_21511644.jpg

d0085428_2155134.jpg

d0085428_21512933.jpg


[他の積載用品インプレ]
インプレ記事まとめをご覧ください。
[PR]

by ikadayak | 2011-02-22 21:55 | 二輪用品
2011年 02月 13日

ハンドガード(ナックルガード)取り付け

2013/11/12 新しいハンドガードを付けました。

*******

3連休最終日でしたが、雪等による凍結が怖いのでツーリングを中止して、簡単なカスタムをしていました。

寒さ対策として、ハンドルカバーやグリップヒーターを使ってきましたが、
今回はハンドガード(ナックルガード)を取り付けてみました。

●製品
選んだのは、バーエンドの部分に取り付けられる製品です。

価格comの掲示板に無加工で取り付けらハンドガードを紹介している方がおり、
それを見て楽天等で探してみたところ、同じようなハンドガードがありましたので購入してみました。
送料込みでも4000円弱と格安でしたが、物自体は結構しっかりしています。

ただ、メーカーの詳細は不明です(パッケージの名前で検索してもヒットしませんでした)。
 ※お店では「ハンドガード MIS」という商品名で販売していました。

●所感
試しに高速道路で20kmほど走ってみました。

率直な感想としては、「無いよりまし」といったところでしょうか。
たしかに、指先などに感じる風は軽減されましたが、無風というわけではありません。
気温が低い状態では、だんだん冷えてきてしまいます。

ただ、防寒性はいまいちでも、風が弱まることによる疲労軽減や防雨などは期待できるかもしれません。

防寒最優先なら、このハンドガードにハンドルカバーをかぶせるようにすれば、
「風圧でハンドルカバーが変形して、ブレーキやクラッチが勝手に押されてしまう」という良くあるトラブルも防げて良さそうです。

d0085428_23432659.jpg


取り付け方法等
[PR]

by ikadayak | 2011-02-13 23:43 | 二輪用品
2011年 01月 18日

グラディウス400 燃費について(2010年)

昨年(2010年)のグラディウス400の燃費は、下記の通りでした。

[グラディウス400 燃費]
平均燃費:25.4km/L
最低燃費:21.2km/L ※街乗り
最良燃費:32.4km/L ※高速道路+すいている一般道主体のツーリング

[測定条件等]
満タン法で測っていますので、1L弱程度の誤差がある可能性があります。
運転は、特に燃費は意識せず、4~5速を良く使って走っています。

[所感]
タンク容量は14Lありますので、最低燃費でも300km弱は走れる計算です。
誤差を考慮しても、自分がよく行く場所への日帰りツーリング程度ならば、給油なしでも大丈夫というのは心強いところです。


[関連記事]
慣らし運転時の燃費&ST250との比較
回転数とギア比と速度
[PR]

by ikadayak | 2011-01-18 12:30 | 自動二輪
2010年 11月 20日

2010年11月20日 河口湖ツーリング

20日(土)に、もう一度河口湖へ行ってきました。

ただ、今年は、秋がなかったような状態でしたので、
残念ながら「もみじ回廊」全体が色付かないうちに、落葉が始まっていました。

それでも、別の場所では鮮やかに紅葉していましたし、富士山がはっきり見えましたので満足できました。

11月後半ともなると、さすがに山の方はかなり寒くなってきましたね。
次回以降は、海の方へ行ってみようかと考えています。


 富士山と河口湖
d0085428_1211172.jpg


 富士山と河口湖(前回と同じ場所)
d0085428_1214340.jpg


 河口湖畔の紅葉
d0085428_1222729.jpg


 もみじ回廊
d0085428_1225151.jpg



※本記事は、投稿日時をツーリング日程に合わせて変更しています(11月28日投稿)。

ツーリングメモ等
[PR]

by ikadayak | 2010-11-20 00:00 | ツーリング
2010年 11月 13日

2010年11月13日 河口湖・秩父ツーリング&立ちごけ

13日(土)に、河口湖と秩父へ紅葉を見に行ってきました。
河口湖も秩父も紅葉が見ごろを迎えています。

河口湖周辺の濃い赤色の紅葉は見事でした。
ただ、河口湖の紅葉祭主会場である「もみじ回廊」の半分は、青々とした葉が茂っていました。
次の週末あたりが最盛期かもしれません。

河口湖からは、雁坂トンネル(R140)経由で秩父へ向かいましたが、道中も紅葉がきれいでした。
特に広瀬ダム付近などは、山が染め上げられていました。

秩父も、中津川沿い大血川近辺の黄色・赤・緑が入り混じった紅葉が美しかったです。

雁坂トンネルの埼玉側大血川林道の峠付近ではすでに落葉が進んでいましたが、どちらも展望が良い道なので、来年もうすこし早い時期に行ってみたいと考えています。


さて、表題にもある立ちごけですが、
バイクに跨ったまま写真を撮っていたときに、体勢を崩して左に倒してしまいました。
大変ありがたいことに、近くにいた方が手伝ってくださり、すぐに起こすことが出来ました。

幸い、落ち葉が積もった柔らかい土の上に倒れたのと、サイドバッグにガードされて、車両へのダメージはほとんどありませんでした。
ミラーのねじが緩んだのと、クラッチレバーがごくわずかに曲がった程度です。

自分自身も支えるのを早々と諦めたため、怪我はありませんでした。
 ※引き起こすときに普段使わない筋肉をつかったのか、翌日筋肉痛になりましたが・・・

グラディウスでは初めての立ちごけでしたが、いろいろ慣れてきて油断していたのかもしれません。
これを教訓に、気を引き締めていきたいと思います。

 河口湖と富士山
d0085428_026523.jpg


 もみじ回廊の紅葉している側(奥はまだ緑色です)
d0085428_0275578.jpg


 広瀬ダム
d0085428_0294497.jpg


 中津川
d0085428_031852.jpg


 大血川
d0085428_0323488.jpg




※本記事は、投稿日時をツーリング日程に合わせて変更しています(11月16日投稿)。

ツーリングメモ等
[PR]

by ikadayak | 2010-11-13 00:00 | ツーリング