なんとなく備忘録

kynotes.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 28日

べスウォーマー車輌用コントローラー・インプレッション

ベスウォーマーの車輌用コントローラー対応製品を入手し、数回使ってみましたので、再度感想を書いてみました。
以前のインプレッションから転記した部分もあります。

[使用している製品]
べスウォーマーDX(用のベスト)に、べスウォーマーNeo用発熱体を使用。
 ※正式な製品ではありません
   ベスウォーマーNeoの発熱体セットに加え、腹部用発熱体が1個、連結ジョイントで接続されています。
 ※通常のベスウォーマーDXは、車輌用コントローラー非対応です。



[感想]
●コントローラーについて
スパイラルケーブルのため、絡まったり走行中にぶらついたりする事が少なく、邪魔にならないは良い点です。

スイッチは結構しっかりと押さないといけないため、誤動作したとこは今のところありません。

温度設定は60℃、65℃、70℃の3段階です。
残念ながら、コントローラーは温度設定を記憶しないため、毎回設定しなおす必要があります。


●暖かさ
メーカーに問い合わせましたが、
バッテリー運用時と同じ温度設定でも、コントローラーを使ったほうが多少高温になるようです。

Tシャツの上に着たときは、背中がかなり暑くなり、低温やけどになるのではないか思うほどでした。

Tシャツにフリースを重ねてからベストを着たときは、背中全体がほんのり暖かくなり、ちょうど良く感じました。
ただし、気温が5℃以下の時に高速道路を走るときなどは、Tシャツの上に着たほうが効果があるようです。

真冬はよいのですが、最低温度が60℃なので暑くなったら切るしかなく、
個人的には、もう少し低めの温度が設定できるとよいと感じる場面があります。

春や秋など温度差が大きい季節は、低温を設定できるようにバッテリーも持参したほうが良いかもしれません。
 ※真冬でも、屋外で観光等をする場合はバッテリーが有ったほうが便利です。


●消費電力
以前のインプレでも書きましたが、
ベスウォーマーの車輌用コントローラーは消費電力10Wちょっと位です。

この消費電力の少なさで、それなりに暖かいのがべスウォーマーの魅力の一つでしょうか。


関連記事
インプレ記事まとめをご覧ください
[PR]

by ikadayak | 2010-01-28 01:08 | 二輪用品


<< 2010年1月31日 清水ツーリング      2010年1月24日 伊豆半島... >>